TOEIC Part5 予想問題+解説 毎日2分 x 155日

TOEICの文法問題対策がメインですが、お得なモニター情報、京都情報、仮想通貨などもやってます☆

仮想通貨

「渡邊楽 テレグラムICO」に実際に登録して、本物か詐欺かを検証しますシリーズ その2

投稿日:2018-06-13 更新日:

どうも、コウです。

今日は仕事がなかったので、もちろん かわいすぎるカモちゃんらに会いに行ってきました。

風が強めで、6月にしてはやや寒目の日でしたが、鴨川は交通量多いですね~

観光客っぽい外国人らも、そこら中でお昼寝してました。

 

さて、数日前にこのICO http://premiere-ico.com/lp/official/?lid=9f&aid=kms にLINE登録したのですが、すでにすさまじい量のメッセージが届いております。

まぁ、予想してたといえばしてましたが、今回はライブでのブログ更新なので、けっこうこれから大変になるかも、、

でも始めたからには、がんばって ありのままの状況 をお伝えしたいと思いますので、お付き合い下さい。

 

そこそこの長丁場になるかと思いますので、シリーズ化にしました。

「その1」をお読みいただいてなければ、そちらから見ていただいた方がより内容が分かるかと思います。

http://notrynolife.net/2018/06/12/review-on-telegram-ico/ 検証シリーズ その1

 

さて、前回の続きからのLINEに届いたメッセージをシェアします。

このアンケートの意図はなんでしょうかね?

 

続いて長文が届きました。(いつもか?)

出ました。

「数千を超えるメッセージをいただきました。」

 

なんかあいまいな空気も漂ってきましたが、「トークンを配布しないような悪質販売者」でないことを、いっしょに祈って下さい。

 

「動画を3回は視聴してください」は過去の例から見ると、怪しい臭いを放ってることになります。

ここだけの話ですが、私はまだ1回も視聴できてません。

だって、送られてくるメッセージの量、ペースが速すぎますもの。。

 

動画を視聴しないとLINE登録時に公約した「500円分のトークンを配布できません的なニュアンスのことを言ってますね。

実は、あと数通メッセージが届いてるのですが、今日はこの辺りで勘弁して下さい。

あなたも充分な量の文字を読まれたかと思いますし。

 

登録3日目にして、すでに見えてきた感がありますね。

「特定商取引法に基づく表示」の欄に、会社名、電話番号が記載されてなかった時点で、アウトの可能性は高かった のですがね。

「数千を超えるメッセージをいただきました。」 →「これだけ多くの人から注目を浴びてるんですよ!」をアピールして、正当な案件であることを主張。

「動画を3回は視聴してください」 →(まだ視聴できてない私が言うのもなんですが、、)動画で言っていることをマインドコントロールさせるため + 長時間そのサイトを開いてる状態にして、SEO的な効果も狙っている可能性がある。

必ずとは言いませんが、経験上、この文句を並べるところは怪しいと言って過言ではないと思います。

まぁ、テレグラムコイン自体は将来性のあるものだと思いますので、私は検証もかねて、エアードロップ目的で登録したわけです。

ただ、動画を3回視聴しないともらえないのであれば、誤算でしたが、、涙)

 

かなり近々、その後のメッセージをシェアさせていただきます。

長文読解、お疲れ様でした☆

 

-仮想通貨

執筆者:


  1. 検証ありがとうございましたhttp://are-f.com/

  2. ryoji says:

    こんばんは!
    ブログランキングからきました!

    最近ICOの案件が多くて、それがいいものなのかを判断する力が重要になってきていますね。
    情報を自分で仕入れていないと暗号通貨の世界では、厳しそうですね。

    • notrynolife says:

      コメント、ありがとうございます。

      ICOの規制が厳しくなる日が来るかも、と言われていますね。
      それだけこの熱い仮想通貨というブームがおいしい市場ということでしょうね、いろんな意味で。

comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

仮想通貨の詐欺コインの見極め方とは? 知っておくべき6つのポイント

どうも、コウです。 あなたが今このページを見ているということは、仮想通貨投資に興味があるわけですよね。 でも、どの通貨を買えばいいのか正直迷っているかもしれません。「え? 購入する通貨はもう決まってる?」 それでもこの記事を読んでいるとすれば、「その通貨が詐欺通貨かも?」という不安が少しでもあるということかも。 あなたの大切な資産をムダにしないように、詐欺コインの見極め方についてお話していきたいと思います。 仮想通貨の詐欺コインが横行する理由 詐欺コインの見極め方についてお話する前に、ひとつ質問です。 「最近、迷惑メールが増えてませんか?」 メルマガ購読した覚えのないところばかりからなら、1つや2つ、どこかの仮想通貨関係のメルマガ購読を申し込んだのかもしれませんね。 もしそれが原因で、たくさんの迷惑メールが届いているとしたら、あなたが購読申し込みをしたメルマガの発行元が、仮想通貨がらみの詐欺師集団といっていいでしょう。 現在、仮想通貨業界は超ホット! つまり、詐欺師たちにとって最高の商材 だということです。 ですので、当然詐欺コインというものが横行するわけですね。 信じられないかもしれませんが、ICOの案件のほとんどが詐欺だとも? もちろん、最初から詐欺目的で資金調達をしているところばかりではないでしょうが、「お金が集まれば、はい、トンズラ!」といったところが多いのは事実のようです。 【PR】 無償オファー最大単価4万円・優待アフィリエイター募集!  https://jisedai.me/alpaf/?a10=NNV2m&e= … 仮想通貨の詐欺コインを見極めるポイント では、現状言える「仮想通貨の詐欺コインを見極めるポイント」を上げてみましょう。 ① 有名人の名前を出す ② セミナーで勧誘している ③ 代理店が販売している                          ④「日本だけで販売」とうたっている                      ⑤ 最低購入価格がある ⑥ 買取保証がある以上、1つでも該当すれば詐欺の可能性が高いと見ていいでしょう。 全てではなくて、1つでも です。 では、それぞれのポイントについて、詐欺だと言える根拠を見ていきましょう。 仮想通貨の詐欺コインだと見極められる根拠 ① やたらと有名人とか権威のある政治家の名前が出てくるのは怪しいです。そういった人たちの名前を使って、購入を考えている人たちを安心させようとする 魂胆でしょうが、実際はそういった人たちは通貨のプロジェクトに関与していません。とりわけ、外国の有名人とか政治家が関わっていても、日本に住んでいる私たちがその真偽を調べることはほぼ不可能でしょうね。 うまく考えたものですね。笑) ② セミナーで勧誘するのは、インターネットのような誰もが見れる公の場では勧誘しづらいからです。 ③ 現在のところ、仮想通貨に代理店は不要です。                           資料とかホワイトペーパーに「代理店」という文字があれば、そのコインは詐欺で、その代理店が詐欺師でしょう。 ④ 「日本だけで独占販売」とか「先行販売」というのはアウトです。仮想通貨は全世界同時に販売しており、誰でも購入できます。 ⑤10万円からというのが多いようですね。それぐらい買ってもらわないと、詐欺師的にはおいしくないわけです。 あなたが仮想通貨を購入した経験があればわかると思いますが、購入は好きな金額から可能です。もちろん最低購入金額というのはありますが。⑥ 購入した後、なんらかの理由で買い取ってもらえないかという要望に応えてくれることがあります。詐欺コインなのでそもそも原価が0円ということで、例えば半分ほど買い戻しをしてもらったとしても、向こうは儲かっているわけです。 「セミナー映像ではまともなことを言ってるようだったけどなぁ、、」 セミナーなどの映像を見て、そう思ったかもしれません。 当然です。 詐欺師たちの言ってることの99%は本当のことですから。 ですから、まともに聞こえて当たり前なわけです。 残りの1%が嘘 =「紹介するコインが100倍になります」という図式ですね。 ちなみに、詐欺コインっぽい通貨にリスクをかけるくらいなら、タダで通貨をもらっちゃいませんか? 将来価値が上がるかどうかは分かりませんが、無料なので、少なくとも損はしないですしね。 無料で仮想通貨が毎日もらえる!期待したい仮想通貨SwiftDemandの将来性。 | TOEIC Part5 予想問題+解説 毎日2分 x 155日 どうも、コウです。 最近、仮想通貨についていろいろと勉強してますが、おもしろい情報をゲットしました。 あるサイトへ登録して、毎日「コイン下さい!ボタン」をクリックすると、無料で100コインくれる。 うそみたいですが、私が… notrynolife.net 仮想通貨の詐欺コインをつかまないために 現状、仮想通貨投資に関する法整備はまだしっかりと整備されていないので、そこにつけ込んでくる詐欺師たちがたくさんいます。 「何を、どのようにやれば詐欺」といった法的な定義がないわけです。 法的に詐欺を立証できなければ、「詐欺と言われる方が営業妨害だ」と、逆に訴えられる場合もあるとか。笑)いずれにせよ、詐欺師たちは人間の心の隙をついて語りかけてきます。 あなたの大切なお金をドブに捨てないように、上述したチェックポイントを常に参考にしてくださいね。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。新たな詐欺の手口が見つかり次第、記事を更新していきたいと思います。 人気ブログランキング いつも応援して頂き、ありがとうございます。 No related posts.

「渡邊楽 テレグラムICO」に実際に登録して、本物か詐欺かを検証しますシリーズ その3

どうも、コウです。 5日前にLINE登録して以来、毎日結構な量のメッセージが届くので、アップデートするのがなかなか大変です、がんばって引き続き検証を続けていきたいと思います。 そこそこの長丁場になるかと思いますので、シリーズ化にしました。 「その1」をお読みいただいてなければ、そちらから見ていただいた方がより内容が分かるかと思います。 http://notrynolife.net/2018/06/12/review-on-telegram-ico/ 検証シリーズ その1 出ました。 「今回ご紹介するICOが過去最大に値上がりする」 常識的に考えて、こんな言葉は普通の人は言えません。 なにより気になってるのが、「しっかりと動画を視聴していただければ『500円分のトークン』も配布しますので」という〆の言葉です。 「まだ見てないのかよ?」 そんな声が聞こえてきそうですが、見てません。 最低「3回」は視聴しておいてくださいね。 まだ言うか? 下手な詐欺案件の典型的なパターンじゃないですかね。 うまい詐欺師なら、読者を疑わせるような、こんな単純な言葉を連発しないですよ。 詐欺でメシ食っていきたいと思ってるのなら、もうちょっと勉強した方がいいでしょうね。 「ん? ってことは、この案件は詐欺確定ですか?」 という声が聞こえてきたら、どうしましょう。。 またまた出ました。 「テレグラムが世界一注目されている理由」 何行目に詐欺ワードがありますか?的な質問形式にしても、普通に答えられそうな感じですね。 この表現も勉強不足といわざるを得ません。 あまりに極端な誇大表現で、信じる人の数が減るでしょう。 ん?「最低参加額」? ついに本性を表し始めましたね。 まさか、この最低参加費というのを払わないと、エアードロップの500円分トークンは配布されないとか? そんなものは聞いてませんよ~ 仮想通貨投資をしている人で、BTC, ETHを保有してない人は、なかなか稀ではないかと思うのですが、PSで、しっかりとその辺りもフォローしてますね。 普通の案件ではないようなこの「異常な親切さ」 においますね~ 本日ももちろん長文メッセージが何通か届いてますが、ワールドカップを観戦したいので、続きは次回に。 人気ブログランキング いつも応援して頂き、ありがとうございます。 No related posts.

仮想通貨取り引きではセキュリティが命。必ずしておきたい2段階認証とは?

どうも、コウです。   仮想通貨の方は儲かってますか? あなたが「Yes!」と答えたなら、一つ質問があります。   「2段階認証は設定済みですか?」   「なんか聞いたことあるけど、別に設定してもしなくてもいいんじゃない?」 あなたがもしそう思ったなら、「今この記事にたどり着いたことが本当にラッキーだった。」 そう思える日が来るかもしれません。   「10万で買ったコインが200万になった!」 ウフフ、、で過ごしてたある日突然、口座残高が0円に!!   あなたに必ず起こるとは言い切れませんが、起こる可能性があるのなら、その可能性を消したいですよね? せっかく稼いだ財産を守るためにできる方法についてお話していきます。   2段階認証は必要か?   あなたが、仮想通貨取引をしていれば聞いたことはある言葉だと思います。 ただ、「なんか面倒くさそう」、「別にやらなくてもどうってことないでしょ」みたいなノリで今日まできてませんか? もしあなたが仮想通貨で稼いでいて、ある程度の資産を保有しているのなら、両目を開けて今から話すことを読んでください。   2段階認証とは簡単に言うと、ロックを二つかけるということです。 玄関のドアが鍵とチェーンで2重にロックされてるのを見たことありますよね。 もしこれが一つだけのロックだったら? 当然、家の中に入れる確率があがりますよね。 そう、あなたが仮想通貨で得た資産200万円が、知らないうちにパクられてた!ということになりかねないわけです。(もっと多いって?)   「大丈夫だろう」 そうかもしれません。 2段階認証は保険みたいなものなので、それがなくても問題なく仮想通貨取引を続けることは可能です。 ところが、、 もし悪意のあるハッカー(悪意のないハッカーなんていないか、、)が、あなたの登録している取引所をハッキングして、顧客情報が丸見えになったら、、!? めったに起こらないことかもしませんが、起こった後に嘆いても後の祭りです。   2段階認証を設定すると、どうなるか? あなたのアカウントへアクセスするためには、メールアドレス、パスワードに加え、スマホなどで生成した「認証用のパスコード」が必要になります。 この「認証用のパスコード」が、ハッカーらが突破できない壁となってくれるのです。 簡単にできる設定ですので、あなたの資産を守るためにぜひ行ってもらいたいと思います。   【PR】現金1万円か仮想通貨リップル1万円分がもらえる!           https://jisedai.me/alpcr/?a10=NNV2m   2段階認証の設定方法 2段階認証で特に推奨されているアプリが「Google Authenticator」というものです。 簡単に設定できますので、あなたの200万円を誰にも触れさせないために今すぐ設定してみましょう! 私はパソコンとiPadを持ってますので、iPadで「Google Authenticator」を検索してみました。 スマホでも問題なくできるはずです。   以下の画像が得られたので、「Google Authenticator」をクリック。 すると以下の画面に移行します。 私はすでにインストール済みなので「OPEN」となってますが、インストール前なら「GET」になってるかと思います。   「GET」すると以下の画面になるかと思います。   「Scan barcode」で、以下の CoinExchange の画面のバーコードをスキャン。     CoinExchange というのは、これから高騰する可能性のある、まだ日本ではそれほど知られていない「おいしい通貨」を売買できる海外の取引所です。 「仮想通貨で大きく稼ぎたい!」という人には必須アイテムかもしれません。 ただ、海外取引所は基本、英語表記になるのと、セキュリティの問題なども出てくる可能性があるということを踏まえた上で、ご自分で利用するかどうかを決めて下さい。 おいしい部分がある反面、面倒な部分も持ち合わせている、ということですね。   CoinExchange に関しては、以下を参考にして下さい。 仮想通貨の取引所。「これから」稼ぐための国内、海外取引所 | 「自由な時間と心のゆとり」 あなたが欲しいものを手に入れるアフィリエイトブログ どうも、コウです。 最近、仮想通貨が熱いですねぇ。 去年くらいから日本でもブームに火がつき、ぼろ儲けしてる人もいるとか。 「あなたもひとつ、ふたつ保有してるでしょうか?」   今回は、仮想通貨の基礎知識のある人… notrynolife.net   さて、「Enter Autentification Code」とあるので、どうやら暗証番号みたいなものを入力する必要があるみたいです。 GETしましょう! CoinExchange の場合、「MY ACCOUNT」の「Settings」を選び、「Manage Google Authentificator」をクリック。 私はすでに2段階認証を登録済みなので、「Manage Google Authentificator (登録情報変更)」と表示されてますが、初めての方も下記の赤枠の「Manage Google Authentificator」の部分をクリックして下さい。 すると、以下のように数字列が表記されます。 …

「渡邊楽 テレグラムICO」に実際に登録して、本物か詐欺かを検証しますシリーズ その4

どうも、コウです。 ICO検証シリーズも「その4」を向かえましたが、今ひとつ言えることがあります。 おそらく詐欺案件じゃないかと。 理由は簡単です。 LINEのメッセージの量が 半端ない ということです。 「その3」まで、全てそのまま添付してきましたので一目瞭然だとは思いますが、普通に考えて、毎日尋常じゃない長いメッセージをそこまで頻繁に送ってくることはないでしょう。 詐欺ではなく正当な案件であった場合、そこまで必死に紹介する必要もないですよね。 「どうしてもお金を送金させたい!」という異常なまでの思い、鼻息が伝わりまくりなのは、私だけでしょうか。   前回の投稿から4日経ちました。 その間に37, 8 通のメッセージが届いてます。多すぎて正確に数えるのが面倒になるほどの量です。。 「この現象について、あなたはどう思いますか。」 というか、詐欺を仕掛ける方も「さすがにここまでしつこいと怪しまれる」という思考は働かないの?? って、正直思ってしまいますよね。   予定では、すべてのメッセージをありのままにシェアするつもりでしたが、さすがに38通のメッセージの添付作業は苦行になってしまいますので、何個か適当にピックアップして添付させていただきます。 だんだんと「本性を現し始めたな」というのが伺える文言も随所に見受けられますね。 それでは、ご覧下さい。 1000万円買う人、いるのかね? よくも、まぁここまで、、という感じですね。笑)   そろそろ垂れ流され状態を続けるのも疲れてきたので、こちらからあるメッセージを送ってみようかと思います。 ちょっと辛辣なストレートな内容になるかと思いますが、その反応いかんで「詐欺案件確定」ということになるかもしれませんね。   追伸 日本、ワールドカップ初戦勝利!やったぜ~! 同じ人間同士、何が起こるか分からない。 次も楽しみに期待しましょう!   No related posts.

コインチェックのハッキング(1.26事件)から学ぶ安全な資産管理の方法

どうも、コウです。   今、仮想通貨業界はコインチェックの話題で持ち切りですね。 コインチェックが失ったNEMの総額:650億円 東京スカイツリーの総工費 :650億円   気づいたらスカイツリーがなくなってた。   笑えないことになってます。   コインチェックに起こったこととその影響 2018年1月27日未明、コインチェック社は被害者にNEM(ネム)の全額返金を発表しました。 ただ、期日については何も触れていません。 そして今日金融庁からの処分が決まり、警察の操作も入りました。 仮に、コインチェックが倒産しないように、発表通り返金したとしましょう。 ところが、警視庁の操作の長期化により、今後金融庁の許可が降りなければ、倒産はなくても顧客離れも含め廃業もあるかな、という見方もあります。 私の友人がコインチェックでリップルを、その友人がネムを購入しました。 どちらも、コインチェックが金融庁の仮想通貨交換業の許可を持ってないことを知らなかったのです。 コインチェックといえば今回の事件が起こる前から、国内取引所としては最も名の知れたところで、ただそれだけの理由で「とりあえずコインチェックで登録しておこう」的な風潮が世間に浸透していた。 そう思うのは私だけでしょうか。 登録した人の中で、はたしてどのくらいの割合の人が、金融庁からの許可がないことを知っていたか。 杜撰な企業体質により、今回多くの人たちが辛い目に遭っているのは、本当に残念としか言い様がありません。   仮想通貨交換業の許可を保有している国内取引所はたくさんあります。 bitFlyer、Zaif、bitbank.cc などが、いわゆる大手と言われている取引所になりますので、もしもの時に備えて安心な取引所でトレードすることをお勧めします。 コインチェック事件が起こった理由 そもそも今回の事件は、コインチェック側のセキュリティに対する意識の低さが原因といえるでしょう。 端的に説明すると、以下のセキュリティ項目を怠ったのが原因とされています。 ・取引の際に複数の電子署名が必要で、より安全性が高いマルチシグの採用 ・顧客口座をインターネットに接続していないオフラインで管理するコールドウォレットの採用 ※マルチシグとはウォレットの秘密鍵を分割して管理する技術のことです。   いくらセキュリティを強化しても、そこを破りたいというのがハッカーの醍醐味。 「絶対というセキュリティは存在しえない。」 IT企業勤務の友人が言ってました。 強固なセキュリティが作られたら、それを破るための方法が開発される。 結局はいたちごっこということですね。 ですので、顧客の口座といった最重要資産は、インターネットにつながっていないオフラインのコールドウォレットで管理するのが、仮想通貨を扱う取引所では不正アクセス対策として常識となっているはずなのです。   「ではなぜ、そんな大切なことを怠っていたのか?」 その理由を聞かれると、 「他に優先すべきことがあった」大塚雄介取締役 「技術的に難しく、対応できる人材が不足していた」和田晃一良社長 といったもの。 マルチシグ、ハードウォレット共に、顧客の資産を安全に管理するためには必要なもので、仮想通貨技術の普及を目指す国際団体からも推奨されています。 ですので、「コインチェックほどの大手取引所が、そんな初歩的なセキュリティー対策をやっていないはずがない!」と思っていたのですが、やってなかったみたいです。。   コインチェック事件にまつわる噂   2018年1月28日現在、コインチェックの口座からの出金はできない状況になってます。 これが何を物語るのか。 出金可能な通常の状態だと、大量の顧客が出金手続きをする恐れがあるから。 というのが、大方の見方になってるようですが、真実はどうでしょうか。   知り合いにNEMを盗ませ、ハッカーの仕業と発表。 ↓ 1年後くらいにNEMの価値が10倍程になったら、約束通り被害を受けた顧客に全額返金。 ↓ 残った9倍分の儲けを山分け といった計画的犯行だったという、映画化したいような説を唱える人もいます。笑) とりあえず、補償はすると発表してるのでこの説はどうかな?と思いますが、ただ、その補償の時期を名言していないので、もしや、、?と思う方もいるかもしれんませんね。   私事になりますが、先の私の友人からの伝言です。 「どんなに小さなお金でも、お金に愛があれば手間と時間をかけて、よくよく調べ最高の環境で旅をさせてあげようと考えるはず。 それは相場の動きとか、チャンスよりずっと大切な大前提だということです。 マスコミのイメージと 圧倒的多数の意見は何の役にもたちません。」 考えさせられるものがあります。   【PR】現金1万円か仮想通貨リップル1万円分がもらえる!           https://jisedai.me/alpcr/?a10=NNV2m   あなたの資産を安全に管理する 今回の件は、セキュリティの大切さを改めて感じさせてくれました。 取引所がハックされる可能性も考慮して、あなたの資産はあなた自身で守りましょう。 資産を守るために現在最も使われているのが、ハードウォレットというものです。 前述しましたが、インターネットにつながない状態であなたの資産を管理する、物理的なお財布みたいなものです。 ビットコインを管理するならTREZORというウォレットがよく使われています。 いろんなウォレットがありますが、ウォレットによって管理できるコインの種類が異なるので、あなたが購入を考えているなら、あなたの保有しているコインを見比べて検討して下さい。 もちろん、物理的なデバイスに移して管理していても、それ自体を紛失してしまったり、盗難に遭ってしまったらおしまいですが、ハッカーを始め、不正アクセスが可能なインターネット上で保管するよりは安全であることは間違いないと思います。 あなたも自分の資産を守るためにセキュリティ対策はしっかりと行って下さい。 ハードウォレットを購入する前に、あなたの口座が不正アクセスに遭わないように2段階認証は必ずしておくことをお勧めします。 2段階認証については、以下の記事を参考にしてみて下さい。 仮想通貨取り引きではセキュリティが命。必ずしておきたい2段階認証とは? | 「自由な時間と心のゆとり」 あなたが欲しいものを手に入れるアフィリエイトブログ どうも、コウです。   仮想通貨の方は儲かってますか? あなたが「Yes!」と答えたなら、一つ質問があります。   「2段階認証は設定済みですか?」   「なんか聞いたことあるけど、別に設定してもしな… notrynolife.net   最後に、付録をひとつ。 仮想通貨ブームのさなかに起こった今回のコインチェック事変(1.26事件とでも呼びましょうか?) …

管理人について

  •          【 このブログを書いている人

 

はじめまして、京都大好き人間のコウです。

昼間は外国人観光客相手のゲストハウス、夜は英会話学校で講師、というなかなハードな日常を1年前くらいまでやってました。

現在、昼間の仕事は時間を減らして、日々に少し余裕を持たしてます。

時間ができたので、これからこのブログを英語学習メインのものにしていこうと思ってます。

カテゴリーの TOEIC 英語関係 のところに記事をあげてます。

形がそこそこ整ってきたらメルマガもやろと思ってますが、英語学習メインでやっていきます。

「ん? 英語学習のブログを運営するんなら、英語できるんよね?」

どうでしょう。

判定基準がいろいろあるかと思いますが、昨今の分かりやすいものでいうと、TOEICですかね。

「訳あり」で900点持ってます。

ちなみに、TOEFL PBT は学生の時に受けて590点でした。

今受けたらどのくらい取れるかな~

「訳あり」 が気になる方は、こちらのプロフィールを ♪【PR】

↓ ↓ ↓

プロフィール

お問い合せ

 

【 PR 】

 

このブログが、おもしろそうだなと思っていただければ、ポチッとお願いします。

アプリを使うだけでお金がもらえるお小遣いサイト